ibonaは本店限定で全品送料無料でお届けしております。

太田の製造シリーズ ミニポーチ後編

工房

こんにちは。いつもpelletteria ibonaのブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は以前の記事の続き、ミニポーチづくりをご紹介します。

前回のおさらいです

 

私が販売員をしているZUCCOTTOではyahoo shoppingにて出店、販売をしていますが、現在yahoo shopping限定でプレゼント企画を行っています。お送りするのはこちら。

本革で作ったミニポーチです。

このポーチは私が作っていますので、このポーチ作りの様子をちょっとご紹介しようかと思います。

ちなみにibonaではもっとクオリティの高いプレゼント企画を現在も行っています。

こちらのレザーキーリング。様々な本革を使用してカラバリがとても豊富です。裏にあるibonaの刻印もとても素敵に仕上がっています。このキーリングを発送する際には、客様のお買い上げいただいた商品や、男性女性などいろいろなことを考えて、一番気に入って頂けそうなものを吟味してお送りしています。意外とこの作業は楽しく、スタッフ間であーでもないこーでもないと話し合いながら選んでいます。

このキーリング。プレゼントとしてお作りしていますので販売はしておりません。非売品になります。ぜひこの貴重なキーリング、ゲットしてください。詳しくは

[キャンペーン] 無料でレザーグッズプレゼント

こちらでご紹介しています。

レビューの記入か、インスタグラムでの投稿がプレゼントの条件となっています。インスタグラムでの投稿の際には「ibona」や「イボーナ」といったタグをつけるのをお忘れにならないようお願いいたします。

 

それでは本題のミニポーチ作り。こちらのポーチは商品ではありませんので、企業秘密的なものはあまり気にせずご紹介できます。これまでにも何度か製造工程のご紹介もしていますので、一部の工程については省いていきます。もしご興味のある方は

ibonaの現場

本革財布の作り方 ミニL字財布編①

本革財布の作り方 ミニL字財布編②

太田の製造シリーズ Lzipキーケース

このあたりも読んでいただけるとより詳しく説明している工程もありますので参考にしてみてください。

 

 

では前回からの続きの作業をしてきます。すでにパーツが2つになりました。本体とファスナーを一つにしていきます。ちなみにこのポーチではやっていませんが、本体のコバ面を塗ったり磨いたりすると一段とクオリティが高く、きれいに仕上がります。
まずファスナーの表側にに両面テープを貼ります。糊でもいいですが、そこまでしっかりと貼る必要がありませんのでこのポーチでは両面テープで仮止めをします。仮止めといってもきちんと貼らないと後で泣きを見ることになります。今回の場合はテープが太すぎたり内に入ってしまうと革との隙間からテープが見えてみっともないことになってしまいますのご注意を。
テープが貼れたら本体を貼りこみます。本体にファスナーを貼りこんでもいいのかもしれませんが、私はファスナーを机に置いて、本体をもって貼っていきます。きちんと真ん中に貼ることと、1枚目と2枚目のファスナーの貼り代を均一にすることに気を付けてください。

ファスナーが貼れたらまたミシンをかけていきます。ただまっすぐにミシンをかけるだけなので難しくはありません。強いて挙げるなら革からファスナーの布に乗るところと降りるところは段差になるのでピッチが変わりやすいこと、ミシンが送りそこなうことがあることに注意してください。ファスナーを止めるためのミシンですが、端から端までかけるときれいに仕上がりますし、返し縫をする最初と最後がポーチの内側に入るのでほつれにくくなります。かけた後は同じく裏にひいて糸処理をします。

 

最後に本体の縁にミシンをかけていきます。2枚を重ねて縁にミシンをかけますが、表からかけるとマチなしに、裏からかけると少しだけマチができます。このポーチではマチありにしたいので裏からかけます。縁のずれが気になるときはあらかじめ糊で縁だけを貼ってもいいかもしれません。

ミシンをかけるとこんな感じです。

今更ですが、裏からかける時は縁の3辺を漉いておくとあまりぽってりせずにスマートになる気がします。下側の角を丸く縫っていますが、こうすると出来上がりが丸っこくなります。逆に角を出したいときは、限界がありますが四角く縫うと四角くなります。今回は丸っこくしましたので余分な部分をカットしてしまいます。

最後にひっくり返します。ファスナー止をしっかりと出して上の形を決めてしまいます。3辺の縁と角を中からしっかりと押し出して形を整えましょう。
これで完成です。

工程もそんなに多くなく、失敗することもほとんどないミニポーチ。レザークラフトやってみようかなという方にはお勧めです。

LEATHER FACTORY BRAND <ibona> STAFF BLOG


1955年より名古屋で靴作りをしてきた靴工房”株式会社名進”が展開する
レザーファクトリーブランド<イボーナ>。
工房に隣接する店舗のスタッフや、実際に製造している職人による、工房
直販ならではの内容を交えながらブログ更新しています。

LEATHER FACTORY BRAND <ibona> STAFF BLOG


1955年より名古屋で靴作りをしてきた靴工房”株式会社名進”が展開するレザーファクトリーブランド<イボーナ>。
工房に隣接する店舗のスタッフや、実際に製造している職人による、工房直販ならではの内容を交えながらブログ更新しています。

工房
ibona/イボーナのブログ