ibonaは本店限定で全品送料無料でお届けしております。

レザースニーカーに雨は天敵。防水スプレーで梅雨の雨対策!

ケア・修理

こんにちは。
イボーナwebショップの加藤です。

名古屋もしっかりと梅雨に入ったのを実感できる毎日になってきました。

そんな季節になると、やはり本革を扱う工房スタッフとしては
自分の革小物や鞄、そしてなによりもレザースニーカーの事が少し心配になってきたりします。

というのも、上質な本革を使っていても、やはり雨には弱いです。
むしろ、上質な本革ほど水には弱いと言ってよいのかもしれません。

という事で、今回は革を守ってくれる強い味方。
防水スプレー[アメダス]
について、いろいろとご紹介しようかと思います。

さて、早速ですが。

なぜ本革に水はダメなのか

なぜ本革に水をつけていけないのか。というところですが、
まず、本革に水を付けてしまうとすぐにシミになってしまいます。
長く使っていくことでシミが目立たなくなったり、少し目立たないように多少補修をすることもできますが、やはり避けたいところだと思います。

 

そしてもう一つは、革の繊維が硬くなってしまい型崩れを起こしてしまう事です。
革製品の加工方法の一つで、水に濡らしてから型にはめて立体的に成型する、ウェットフォーミングというものがあります。
水に濡らしてから革を立体的に成形し、乾いた時には硬く立体的になります。

もちろん、そこまでの型崩れは基本的には起こらないと思いますが、水に濡れるとそういったリスクもあります。

ただし、革製品は使い込むことで、水にも多少強くなり、ヌメ革以外の革は、すぐにシミにならない革がほとんどだと言えると思います。

そして、安い革というのは、原皮(鞣し加工を施していない、革になるまえのそのままの皮)の状態が良くない為、表面にさまざまな加工を施してカモフラージュしているものが多いです。その為、安い革程水には強いという場合もあります。。

それでも雨に濡れてしまったときの水は放置せずに、ふき取ることが非常に大切ですあくまで本革なので。
次は防水スプレーについて。

防水スプレーとは

防水スプレーというのは、革に防水機能を施すスプレーです。
と言いたいのですが、
実際は防水ではなく撥水効果を施すスプレーです。

イボーナで取り扱っている撥水スプレーはコロンブス社のアメダスです。
日本ではとても有名な防水スプレーですね。

革の繊維にフッ素系の撥水・撥油剤をコーティングする事で、雨だけでなく、その他の汚れからも守ってくれます。

そのため、子どもがナポリタンを足にこぼしても大丈夫。
かもしれません。

防水スプレーの選び方

防水スプレーにはたくさんの種類がありますが、大きく分けて2つの種類があります。

たくさんの種類があり、当店ではアメダスのみのお取り扱いとなりますが、おさえておく必要があるポイントは1つだけです。

1つめはフッ素系

フッ素系は撥水効果の持続性はあまりないものの、本革ならではの通気性を損なわず、革靴におすすめ。

というより本革製品の場合はコチラがお勧め。

2つめはシリコン系です。

シリコン系は通気性を損ねてしまうものの、持続性が高いです。ただし、本革製品の場合はシミになりやすいので、あまり向いていないと言えると思います。

 

フッ素系の防水スプレーは革の表面を完全に覆うわけではないので、ゴムのように強くなるわけではありませんが、本革特有の通気性を損なわないのが特徴です。

 

ここでアメダスの撥水効果を簡単にテストしてみます。

ヌメ革で防水スプレーの効果をテスト

革の中でも、最も水が苦手といえるヌメ革を使い防水スプレー[アメダス]でテストしてみました。
イボーナで、ヌメ革そのもので仕上げたスニーカーは取り扱っておりませんが、わかりやすい素材だと思うので、参考までに。

こちらはサンプル品のボディーバッグですが、全体ではなく一部分のみ、防水スプレーを施してみます

一か所に溜まってしまわないように、25cmほど離してスプレーをします。

かなり浸透しやすい革なので、シミのようになりますが、15分ほど待つと綺麗に元通りになります。

さて、せっかく防水スプレーをしましたが、まずはスプレーをしていない場所でヌメ革に水を付けてしまうとどうなるのかをチェックしてみます

霧吹きでたっぷりと水をかけてみると、

色が変わってしまい、もちろん水をはじいている様子はありません。


次は、スプレーをしたところに霧吹きをしてみると、

まるで違う革なのかと思うほど水を弾きます。もちろん浸透していないのでシミにもなりません。

水をサッとふき取れば、水がかかっていたことなど覚えていないよう!

 

最後に分かりやすく、片側のみスプレーをしたヌメ革のハギレでもテストしてみましたが、こんなにもスプレー1つで変わります▼

 

水に少し強い革で防水スプレーの効果をテスト

今度はイボーナでは製品としていくつかラインナップしている、クロコダイルエンボスレザー(型押し)でやってみます。

革としてはヌメ革とは違い、表面を顔料で覆われた革で、本革らしさはヌメ革に比べるとあまりありません。

同じ方法で、霧吹きをしてみます。

が、さっと霧吹きをしても水を弾き、ふきとっても変化はありませんでした

基本的には水には弱い本革ですが、

このように”水に弱い本革”といっても種類はさまざまです。

 


クロコ型押しは製品として使用している素材で、イボーナではクロコ型押しといっても種類がたくさんあります。クロコ型押しでは鞄や靴など、たくさんの製品をラインナップしています。

贅沢に片面を1枚の本革で取ったシンプルトートで、A4ファイルもすっぽりとおさまります。中のポケットがクラッチバッグとして取り外せるのもポイント。
ラージトートバッグ/ブラック¥19,800+税

 

 

流行りのカジュアルなショルダーバッグ・サコッシュを本革で大人っぽくアレンジした大人サコッシュ。現在リリース前ですが、カラーのラインナップに注目です。
ダブルジップサコッシュ/¥13,990+税


 

こういった型押し素材について気になる方は、こちらの記事でまとめているので、よかったらチェックしてみてください。

よく聞く型押しって?どんな革なの?

 

防水スプレー(アメダス)の使い方

使い方といってもスプレーをするだけで、そこまで難しいものでは無いのですが、いくつか押さえておきたいポイントをご紹介します。

1.事前に汚れを落とすこと。
これは、当たり前かもしれませんが、靴などの上にホコリや汚れが付いていると、その上を撥水剤でコーティングしてしまう事になります。ホコリや汚れが落ちれば、撥水剤も共に落ちてしまい、靴自体に撥水効果は無くなってしまいます。
ブラシでホコリを落としたり、大きな汚れは落としておいた方が良いでしょう。

2.換気をしっかりする。
だいたいのスプレーに共通する事だと思いますが、使う際はしっかり換気ができている屋外で行いましょう。
吸い込んでしまわないように注意が必要です。

3.スプレーの量に注意。
一度に大量のスプレーをしてしまうと、シミの原因になります。
そして、使う際は25cmほど離して、まんべんなく吹き付けましょう
アメダスのパッケージにも記載がありますが、片足5秒程度が目安になってくると思います。

4.撥水剤が定着するまで待つ
最後は簡単ですが、お出かけ予定の15分前にはスプレーを終えて、しっかりと待ちましょう。
時間は革によって多少異なりますが、一番良いのは外出の前日にスプレーをすませておく事だと思います。
もし15分で乾かない場合はそもそもつけすぎかもしれません。

5.初めて使う人は、、

スプレーにあまり馴染みがなく、久しぶりだったり初めて使う人は特に、いきなり製品にはスプレーせず、試しに何もない所にスプレーしてみましょう。どれくらいスプレーがでるのか、一応確認しておくと安心だと思います。

残念ながら撥水効果は永遠ではない

スプレーをしても撥水効果はいずれ無くなってしまいます。
フッ素系のスプレーの場合は繰り返し使う事で、革製品を永く綺麗につかうことができます。アメダスは雨だけでなく、汚れや埃もつきにくくしてくれるので、1週間に一回など、使用頻度に合わせて、定期的に使う事をお勧めします。

ですが、そこまではできる自信がない、、。という方は、雨の前だけの使用でも十分雨対策にはなるので、問題ないかと思います。

撥水皮革仕様。本革レザースニーカー

イボーナでは革にこだわったレザースニーカーを製造販売しておりますが、中でも撥水加工済みのシュリンクレザー(牛革)を使用したシリーズがあります。


こちらはイボーナの定番素材、アクアシュリンクを使用した、ビジネスでも履けるビジネススニーカーです。

▼革素材についてはこちらの記事から確認していただけます▼
撥水皮革・アクアシュリンクについて

見た目以上に軽量なスニーカーで、ビジネスでも履ける上質な風合いながら、スニーカーの履き心地を誇る人気シリーズです。
アクアシュリンク/ダービーレースアップスニーカー

そのほかにもいくつかラインナップしていますので、ぜひwebショップ本店にてチェックしてみてください。

いろいろな本革がありますが、水にはとりあえず注意

本革にも種類がたくさんあって、防水スプレーもアメダス以外にたくさんありますが、とりあえず水には注意しとくのが無難です。

高価な靴になると、革の質も良くなっていきますし、永く履いていくと、どんどんと足に馴染んで履きやすくなっていきます。

馴染んで履きやすくなってきたところで雨に濡れてしまう、、。なんてことにならないように。多少の雨の日はスプレーで対応し、大雨の日は履くのを止めた方がよいかもしれません。

一応アメダスのリンクも付けておくので、ご入用の方はどうぞ。

アメダス(ミニタイプ) /¥657+税

アメダス(ラージサイズ) /¥1,950+税

ミニタイプは鞄に忍ばせて、不意な雨にも使えるので、個人的には重宝していますよ!

 

最後まで読んでいただき有難うございました。

LEATHER FACTORY BRAND <ibona> STAFF BLOG


1955年より名古屋で靴作りをしてきた靴工房”株式会社名進”が展開する
レザーファクトリーブランド<イボーナ>。
工房に隣接する店舗のスタッフや、実際に製造している職人による、工房
直販ならではの内容を交えながらブログ更新しています。

LEATHER FACTORY BRAND <ibona> STAFF BLOG


1955年より名古屋で靴作りをしてきた靴工房”株式会社名進”が展開するレザーファクトリーブランド<イボーナ>。
工房に隣接する店舗のスタッフや、実際に製造している職人による、工房直販ならではの内容を交えながらブログ更新しています。

ケア・修理
ibona/イボーナのブログ