ページ作成の裏側

こんにちは。いつも pelletteria ibona のブログをご覧いただきありがとうございます。

本日の担当は太田です。

 

春が近づき、街を歩くと、並んでいる商品ががらりと変わってきましたね。ブラウンや黒などの秋冬っぽい落ち着いた色の商品が減り、ライラックやピンク系の春夏らしい明るい色が並んでいます。それを見るだけで気持ちも明るくなってくる気がします。

ibonaでも新商品の企画に製造と季節に置いて行かれないよう忙しくしています。

もうすぐ新作のご案内ができると思いますのでぜひ期待してお待ちください。


先日いつも撮影でお世話になっているスタジオでイベントが行われたので行ってきました。

BRICK YARD( http://brickyard.jp/wp/)さんです。

何度も撮影で利用させていただいていますが、店長加藤が、スタジオ風景を見た瞬間に即決しました。おしゃれでかっこよく、ibonaの求める雰囲気にぴったりのスタジオです。

今回のイベントでは服や雑貨、アクセサリーなどの販売やヘアアレンジにメイクの実演なども行われていました。一緒に行ったスタッフはヘアアレンジとメイクの両方をしてもらい、アクセサリーも購入してすぐ着けていて、行った時と帰る時では別人のようになっていました。

どれもこれも魅力的で目移りしてしまい、写真を撮ることも忘れてしまっていましたが、一つだけ、試食させていただいたタルトの写真だけはしっかりと撮ってきましたので載せておきます。

 

今回はリンゴのタルトをいただいてきました。どのタルトも本当においしそうですが、今度カフェにお伺いしたときはバナナのタルトをいただきます。


いつもこちらのスタジオで撮影していますが、今日はその撮影の様子、裏側を少し書かせていただきます。

商品数が決して多くないibonaですが、撮影となると1日がかり、正直言うと1日使ってもまだまだ足りません。ibonaの撮影はカメラマンに依頼することなく、自分たちの手で行います。これは店長加藤のこだわりで、自身のイメージ通りの写真、そしてブランディングのために、誰かに任せるという妥協は決してせず、どれだけ時間をかけても自分で行うというこだわりです。

毎回車2台に撮影機材と商品をパンパンに詰め込んで撮影に向かいます。

靴に小物、バッグなどこの撮影に向けてギリギリまで作りこんで用意してきた製品たちです。

到着するとすぐに撮影が始まりますが、そこは加藤の独壇場です。頭の中にある「こんな写真」を再現していきます。構図や背景、光の加減などすべてを完璧に再現します。ホームページのトップ写真や靴の詳細画像など一つの写真に膨大な時間をかけて撮影していきます。私たちにできるのは指示通りに製品を並べたり機材を動かすことのみです。

時間も限られていますので張り詰めた空気の中シャッターが切られていきます。

こんな風に書くととても怖い雰囲気に感じられますが、加藤の後ろではこんな感じ

 

他のスタッフが私もやってみようとスマホを片手に賑やかにしています。

練習もかねてスタッフがそれぞれ空いた時間に物撮りや着用写真などを撮影しています。お互いに履いている写真を取り合ったり、小物の配置や構図を相談しあって何枚もの写真を撮っています。

実は私もほとんどこちら側です。最近のスマホは画質もよく、簡単に加工できたりもするので腕をそこでカバーできないかと、加藤のまねごとをしてみましたが、一枚も採用されることはありませんでした、、、

 

こうして撮影は丸一日をつかって真剣ながらも和気あいあいと行われます。気の遠くなるような枚数の写真を撮りますが、ページなどで使用されるのはその1%あるかないか。その選ばれた一枚がibonaのページを彩っていきます。

ibonaの製品たちはたくさんの職人達が試行錯誤の上、苦労に苦労を重ねて大事に大事に作り上げられています。その職人たちの思いという、商品の魅力を少したりとも損なうことなくお客様にお届けする。その使命を持ってページ作りは今日もおこなれています。

 

BRICK YARD

URL  http://brickyard.jp/wp/

access  〒460-0005 名古屋市中区東桜2丁目22-15 いずみビル2F

地下鉄東山線「新栄町」駅 1番出口 徒歩4分

定休日:不定休
TEL:052-979-8851(受付時間:平日10:00-17:00)

 

 

pelletteria ibona

株式会社名進

 

 

 

 

 

 

 

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。